バルコニータイルで楽しく演出

最近はマンションや住宅のバルコニーにタイルを張って楽しむ家庭も増えてきました。

タイルのデザインや色そして柄を組み合わせることで、いろいろな変化をつけて楽しむ事が出来ます。


このバルコニータイルを貼る場合には、どの様な事に注意すべきでしょうか。



バルコニーの床に張るタイルは出来るだけ滑りにくいタイルを貼るようにしましょう。



特に雨の日や水洗いなどをした後に、濡れる事で非常に滑りやすくなるタイルもあります。

小さな子供や高齢者のいる家庭では、滑ったりすると非常に危険なのでこのようなタイルを床に張るのは避けましょう。

壁面に貼るバルコニータイルは逆に表面の滑らかなタイルを貼ると、汚れにくく多少の汚れなどは雨水で洗い流す場合もあるので効果的です。
また色調は出来だけ暗い色は避けるようにして、明るい暖かみのある色調にしましょう。
明るい色だと光を反射して室内も明るくなり、暖かみのある色は室内から見ると安心感や安らぎを与えてくれるでしょう。

バルコニータイルに大小さまざまな形状や色を使ってデザインをする場合もありますが、タイルの厚さは均一にするようにしましょう。

ざまざまなタイルを使用して表面に凹凸が出来ると、床タイルの場合は歩きにくくつまずいたりする場合も出てきます。

この場合も危険ですので表面は均一にしましょう。

また壁面は問題なさそうですが、凹凸があると汚れやすく藻などがが生え易いので掃除などが面倒になります。



バルコニータイルは使用する場合に危険性の無いようにして、ざまざまなデザインで楽しむと良いでしょう。